サポーター

あなたも大阪教育文化センターのサポーターに

このリーフのダウンロードはこちら(PDF A5版)

大阪教育文化センター(略称 大阪教文センター)は、大阪教職員組合の協力のもと、主任手当拠出金に依拠して1990年に設立された研究団体です。以来26年、学校職場・研究者・父母のみなさん・民主的文化運動と結びながら、教育研究、登校拒否・不登校問題、文化に関する活動をすすめてきました。活動への参加はどなたにも開かれています。

2014_supporter_leaf3

主任手当の廃止によって、教文センターの財政的基盤である主任手当拠出金がなくなりました。一方、現場に役立つ教育研究・教育相談活動はますます求められています。

そこで、教文センターの活動を財政的に支えていただきたく、カンパをお願いしています。昨年度は280人をこえる方から約120万円のカンパが寄せられました。

教文センターのとりくみにご参加を

教文センター代表大阪教育大学准教授
福田敦志

現場と研究者をむすぶ教育研究のいっそうの充実へ、教文センター26年の実績をふまえ、とりわけ、青年教職員のみなさんとともに歩みたいと思います.今年は連続講座にもとりくみます。ぜひ、教文センターのとりくみに、ご参加ください。

サポーターになっていただけたら

1.連続講座をはじめ教文センターが主催する講座や研究会が無料に
 サポーターカードを受付で提示していただくだけでOK

2.『おおさかの子どもと教育』『教文センターだより』が確実にお手もとに

カンパは現職・すでに退職されている方は年間1口3000円。2012年度末退職の方は1万円です。

できるだけ複数口よろしく願いします!

郵便振替 口座番号:00950-9-14083加入者名:大阪教育文化センター

2014_supporter_leaf8